KASEグループ 街に元気を人に笑顔を
株式会社加瀬ハウジング

満足度の高い中古再生不動産を皆様へ

株式会社加瀬ハウジング
お問合わせ 希望条件登録
045-473-3210
  

不動産用語集

カテゴリー別アーカイブ:

筋かい

地震や強風などによる軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる補強材を「筋かい」といいます。 筋かいは、釣り合いをよく配置し、ねじれを生じないようにして、建物全体を強固にするために必ず入れます。

水平投影面積

建物の真上から光を当てた時に地盤面に影となって映る部分の面積のことです。

スケルトン【Skeleton】

建物の構造を支える骨組みや構造体。強度にかかわる部分です。図面に記載されているスケルトン状態とは、骨組やコンクリートが出たままで内装の設備等が何もない状態の事を指します。=躯体

スケルトン・インフィル【Skeleton ・Infill】

建物の躯体部分(スケルトン)と内外装・設備(インフィル)を、ぞれぞれ分離して考えられた設計、工法のことです。従来耐震性を高めるために、スケルトンとインフィルは一体として考えねばならなかったので、使用状況に合わせた間取りの改築などは困難なものでしたが、スケルトン・インフィルの考え方による設計や工法によって、耐震性を損なうことなく間取りの変更を容易にして、建物自体の利用度や使用期間を高めるものと考えられています

スレート

スレートとは、粘板岩を薄い板状に加工したもののことです。屋根を葺くのに使われるほか、内・外装材としても使用され、天然のものと人工ものがあります。天然のものは粘板岩が圧力で変質したもので、希少性により非常に高価なものとなっています。人工のものとしては石綿とセメントを原料とする石綿スレートなどが一般的です。

スロープ【slope】

傾斜、勾配の事です。バリアフリーの為、昨今では階段部分にも設置されています。