KASEグループ 街に元気を人に笑顔を
株式会社加瀬ハウジング

満足度の高い中古再生不動産を皆様へ

株式会社加瀬ハウジング
お問合わせ 希望条件登録
045-473-3210
  

不動産用語集

カテゴリー別アーカイブ: 構造と設備

遮音等級

遮音性能を基準に照らし合わせ、等級に表したものを「遮音等級」といいます。 例えば、床の遮音等級は、記号「L」で表示されます。 マンションの場合、「L45」~「L50」程度が一般的な等級で、この数が小さいほど遮音性能に優れています。遮音性能は、床のスラブ厚や工法、床の仕上げ材料により決定されます。

筋かい

地震や強風などによる軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる補強材を「筋かい」といいます。 筋かいは、釣り合いをよく配置し、ねじれを生じないようにして、建物全体を強固にするために必ず入れます。

納戸

一般的には住宅の中にある物置用の部屋のことをいいますが、不動産広告上においては、採光のための窓がない、もしくは窓が小さく基準以上の採光が確保できない部屋のことを「納戸」と表します。 建築基準法上、住宅の居室は、採光のための窓などを居室床面積の7分の1以上の大きさで設けなければならず、条件を満たさない部屋は、建築基準法上の「居室」とすることができません。従って、不動産の販売広告などでは「納戸」と表示することになっています。 近年では、「サービスルーム」などと表示することも多くなっています。

軒高

地面から軒の敷げたの上までの高さのことを「軒高」といいます。

パティオ

コの字型やロの字型のマンションで、建物に囲まれる形で設けられた中庭のことを「パティオ」といいます。 タイル貼りの床に、噴水や植栽などで構成されるオープンスペースです。

バルコニー

建物の壁面から突き出した床の部分を「バルコニー」といいます。ベランダともいいます。バルコニー・ベランダは、マンションの場合、共用部分とみなされるので、各住戸の専有面積に算入されません。 また、緊急時には避難通路となりますので、避難の支障となる物品を置いたり、避難の邪魔になるような使い方をしたりすることはできません。

ペアガラス

サッシにはめ込まれるガラスを空気層を挟んで2枚にしたものを「ペアガラス」といいます。 「複層ガラス」ともいいます。このペアガラスは、断熱性や防音性に優れており、結露を防ぐ効果もあります。

間取りと畳の大きさ

「間取り」は、本来、住戸における部屋の配置をいいますが、不動産における表示では、部屋の数を表しています。 不動産の表示に関する公正競争規約により、宅建業者が建物の分譲などの広告をする際には、建物の各部屋ごとの畳数を明らかにし、その部屋数を表示することが義務付けられています。

床暖房

床下に熱の発生源を配置することで、部屋全体を温めるシステムを「床暖房」といいます。 最近の新築マンションでは、ほとんどに導入されています。 この床暖房のシステムには、大きくわけると、給湯器で沸かした温水を床下のパイプに循環させる温水式と発熱体を内蔵したパネルを床下に設置する電気式の2種類があります。

アルコーブ

マンション等の共同住宅において、共用廊下から少しくぼんだ形状になっている玄関ドア前のスペースを「アルコーブ」といいます。このアルコーブは、外部からの視線を遮り、プライバシーを高める効果があります。