KASEグループ 街に元気を人に笑顔を
株式会社加瀬ハウジング

満足度の高い中古再生不動産を皆様へ

株式会社加瀬ハウジング
お問合わせ 希望条件登録
045-473-3210
  

不動産用語集

カテゴリー別アーカイブ:

二世帯住宅

親夫婦とその子供夫婦が共同で住む住宅を「二世帯住宅」といいます。 建物は1つですが、玄関を別々にしたり、階ごとに分離したりと、それぞれの世帯のライフスタイルを考慮して、様々な間取りのパターンがあります。

24時間使用

貸室に24時間いつでも出入りできるビルをいいます。ただし保安上の観点からオフィスビルでは夜一定時間後は正面は玄関を閉じ、通用口より鍵やカードで特定のビル関係者のみ入場できるのが普通です。また、オフィスは24時間使用可能であっても駐車場は時間が制限されている場合があるため、注意が必要です。

二方向避難

建築基準法や消防法などで定められた、緊急時に建物内のどこの位置からも二方向以上避難経路が確保できることを指します。

二項道路

建基法42条2項に定められた道路のことをいい、原則として道路幅員が4m以上の道路のことをいいます。ただし、幅員4m未満でも、建築基準法の適用される以前から道路として使用され、それに沿って建築物が立ち並んでおり特定行政庁が道路として指定したものは、建基法上の道路とみなされます。また、道路の中心線から2m後退したところに道路境界線があるとみなし、将来この道路に沿って建築物を立て替える場合は、4mの幅員を確保するものと規定されています。ただし平成4年の法改正により、 特定行政庁が指定する区域内においては原則として幅員6m以上が道路として取り扱われますが、 この6m区域指定を受けた場合は、道路の中心線から3m(避難や通行の安全に支障がない場合2m)が道路境界線とみなされます。また道路の片側が川や崖等の場合は、それらの境界線から4m後退したところが道路境界線とみなされます。2項道路の広告に当たってはその旨を表示しなければなりません。また、その結果、敷地面積が概ね2割以上減少することとなる場合は、その面積も表示しなければなりません。